こんばんは!

緊急事態宣言はほぼ確定で、

今回は地域を限定するとはいえ

罰則規定も設けるとか。

 

支援金が正当な金額ならいいですが、

中心街の家賃、人件費を

全額保証もしくは上回る対策を

用意するのか疑問ですね。

さて

今日も昨日に引き続き

ライン集客についてお伝えします。

 

昨日は飲食店でのライン集客は

ファン集客にとって凄く有効な

手段だということをお伝えしました。

今日はラインを立ち上げて

まずやらなくてはいけない

有効な

「友達追加」

の方法について3つお伝えします。

 

この動画を見ることで、

ラインの友達追加をガンガン

出来るようになりますので、

是非最後までご覧ください。

 

一番最後にはファン集客ポイントも

おつたえしています。

*******

1・必ずスタッフが登録を促す

*******

 

まず必須条件として

登録特典を設ける事です。

意外とこれやっていない方が

多く、登録してくれらた○○プレゼント

は必ずやりましょう。

そのうえでお店のQRコードを

ただ壁に貼っておくのではなく、

必ずスタッフが直接登録を

促すことが大切です。

この時のコミュニケーションが

良ければ、そのままお店を気に入ってくれる

確立もグンと上がりますよ。

 

この2個はセットでやってもらいたい

のですが、

加えて登録してもらいやすいタイミング

があります。

 

これもたいがいの方は食後にやって

しまいがちですが、

食前にやることをお勧めします。

 

食前に、登録してくれたら

「ドリンク2名様分プレゼント」

「お任せ前菜プレゼント」

みたいなサービスって単純にうれしくないですか?

 

食べ終わった後って満足してしまい、

若干テンションが下がっていますので、

食前に、食事中に使えるクーポンを

お勧めすると登録率はぐんと上がりますよ。

 

******

2・チラシやショップカード、DMで登録を促す

******

友達追加のQRはどこにでも

張り付けることが出来ます。

店舗によって様々ですが、公式ラインを

集客の柱にしているのであれば、

店内でお勧めするだけでなく、

 

そとに向かっての媒体にも必ず

友達追加のQRをつけましょう。

 

特に数千、数万のチラシを蒔く

場合は、QRを目立つところにのせ、

特典を記載するだけで、

見込み客としての登録者をつくれます。

 

飲食店では「見込み客開拓」

という言葉はあまり使われないかも

しれません。

 

でも実はとても重要で、

ラインはこの見込み客に対しての

教育が容易に出来るので、

そこから新規集客を獲得する。

 

という流れを作れるわけです。

また、DMにQRをはると、常連様に

届きますので、必ず入れるようにしていきましょう。

******

3・インスタ、HP、ブログから登録を促す

******

これも、公式ラインをメインで使うなら

確実にやっていきたいところです。

 

特に、HPは立ち上げたけど、あまりてを付けて

いない方って結構おられると思います。

 

でも意外とPVが集まっていることがあるので、

HPにラインのポップアップを出しておくだけでも

登録が促せます。

 

せっかく作ったHPをあまり活用できていない

のであれば、すぐにでもやる事をお勧めします。

ブログも同じ感じで運用してください。

 

またインスタ、との相性がいいので、

インスタを運用しているなら、

公式ライン登録のURLをプロフィール欄に

載せておくことも有効です。

 

インスタは投稿内でURLを付けることが

出来ません。

 

なので、この場合は投稿内に

「@(自分のアカウント名)」

をのせておき、

プロフィール欄に飛べるように

しておきます。

 

更に、毎回の投稿に必ずライン

登録のお勧めと、登録特典を

目立つように記載しておくといいでしょう。

 

こうしておけば、ただインスタをやっているよりも

見込み客開拓、リピート集客を見込める

投稿になりますよ。

 

******

ファン集客ポイント

******

今回のファン集客のポイント

はやはり店内での

お勧めのときです。

 

この時のコミュニケーション次第で、

登録率は勿論、開封率、クーポン使用率

も変わってきます。

 

お店のクーポン内容がしょぼいと、

お勧めもしにくかったり、

自信のないお勧めの仕方になったり

しますので、

スタッフも、あなた自身も、

お客様に自信をもってお勧めできる

登録特典にし、

 

笑顔で、感じよくお勧めしてみてください!

そうすればきっとその時から

ファンになってくれますよ。