ニュースレターで集客力アップ!飲食店でリピートを生む記事の作成方法
ヒロくんヒロくん

ニュースレターって聞いたことあるけど、集客に効果あるんですか?

ヒデヒデ

いいところに目を付けたね。飲食店のニュースレターは新規獲得というよりも、リピートを圧倒的にしてもらう強力なツールなんだ。

ヒロくんヒロくん

へ~!圧倒的ってなんか凄そうですね。書き方のコツとか、送り方とか詳しく教えてほしいです!

ヒデヒデ

OK!ニュースレターに目を付けたということは、集客を本気で考えてる証拠だね。せっかく始めるのだから、効果抜群な内容にして行こう!

ニュースレターの効果って?

ニュースレターは私も3年ほど取り組んでいましたが、その効果は絶大です。しかしここで勘違いしてはいけないのが、広告のように新規がどんどん集まるといったようなツールではないということ。

新規の客様をファンに育て、ファンがずっとお店のファンでいてくれるためのツールとして大活躍します。

お店の売上の8割は、上位2割のお客様の売上で成り立っていることご存じですか?この上位2割のお客様をしっかり貯めていけるお店が繁盛店になっていくんです。

ニュースレターはこの上位2割のお客様にしっかりアプローチできる最強ツール。手間はかかりますが、常連様と濃厚なコミュニケーションをはかることが出来るんです。

読んでもらえるニュースレターのコツ

ヒデヒデ

それじゃあ早速読まれる、もらってうれしいニュースレターの作成方法を教えるね。以下のポイントをしっかり押さえて、常連様に喜ばれるニュースレターを作っていこう!

  1. 売り込まない
  2. 無駄を作る
  3. 自分やスタッフ、お客様の声を掲載
  4. 画像を適度に入れる
  5. 無理をしない

この5つがニュースレターを作るうえで大切な要素です。せっかく手間暇かけて作ったニュースレターが即ゴミ箱に捨てられたら悲しすぎますよね。

捨てられないニュースレターを作るには上記のポイント抑えて、お客様にもメリットがある記事にすることが重要です。

それでは詳しく解説していきます。

1・売り込まない

ヒロくんヒロくん

売り込まないってどういうこと?せっかく出すんだから、来店につながる売込みをしたいと思っていたんのですが?

ヒデヒデ

それはやりがちなニュースレターの失敗事例だよ。売り込んだら最後、次からゴミ箱にダンクされる事間違いなし。

ニュースレターはコミュニケーションツールとして効果を最大限発揮します。売込みの広告とは違い、自分やお店、スタッフの事を知ってもらったり、お客様に役立つ情報を載せて、ファンに育てることが目的。

もしどうしても売込みしたい商品がある場合は、ニュースレターをは別の紙を用意して、同封すると良いでしょう。クーポンなども、別で同封することをお勧めします。

2・無駄を作る

飲食店で読ませるニュースレターを書くコツとして、無駄をあえて作るということをします。

料理で言うと、おかずを適度に入れてあげることで、メインが美味しく食べられるといったところです。

メインテーマばかりで完結すると、お腹いっぱいになってしまい、最後まで読んでもらえない記事に仕上がってしまいます。おかずをちりばめることで、読みやすくなるんです。

以下はどちらも私が作っていたニュースレターです。

無駄なしの読まれない記事

ヒロくんヒロくん

文字がびっしりで、なんだか読むのが付かれそうです。書いてあることは面白いんですが、ぱっと見で捨てちゃうかも・・・

無駄ありの読まれる記事

ヒロくんヒロくん

心理テストや、美容情報なんかもあるし、カラーでパッと見て楽しそうです!一つ一つのコラムが短いから、これなら飽きずに見れますね。

この2つを見ると一目瞭然ですね。飲食とは関係ないコラムを組み込むことで、精読率が上がるんです。ステーキを食べてるとき、漬物とか、野菜とか食べたくなるじゃないですか。一見無駄と思える記事は、この役割を果たしているんです。

3・自分やスタッフ、お客様の声を掲載

ニュースレター記事スタッフ紹介

これもとても大切な要素の一つ。ファンに育てていく上で必須条件ともいえるのが、あなたや、スタッフの情報です。 どんな人が経営しているのか?そしてどんなメンバーがどんな想いで働いているのかを知れば、ファンになってくれる確率がグンと上がります。

それだけではなく、逆にあなたの考えや、理念に共感しないお客様をはじくこともできるので、これは絶対にやっていきましょう。

お客様の声を載せる

ニューレター記事お客様の声

お客様の声を載せることで、信頼が増し、お店に共感してくれます。いい事ばかりではなく、アンケートで頂いたネガティブな意見も載せると、より信頼が増します。

ヒロくんヒロくん

うわー!お客様が書いた意見がそのまま載ってるんですね。丁寧に回答までしてある。これはお客様の心をつかみそう!

ヒデヒデ

そうなんだ。スタッフを打ち出し、更にお客様の声と連動させることで、どんな子が、どんなことを想いながら働いているのかがよくわかるでしょ。こうやっ読んだお客様がファン化していくんだよ

4・画像を適度に入れる

これは無駄なしの読まれない記事と、無駄ありの記事を比較してみらえれば、良くわかります。

文字がびっしりだと、「あとで読もう。」となって、そのまま忘れ去られ、気が付くとゴミ箱へ・・・・

ブログでもそうですが、適度に画像が入ることで、ファーストビューでアプローチすることが出来ますよね。私が作っていたニュースレターは、比較的文字が多い方なんですが、実際はもう少し画像が多くても良いです。

バランスは文字7に対し、画像3程度。

後は色使いや、囲いなどを工夫して、「なんか面白そう!」という記事を意識していきましょう。

出来れば一ページ目の見開きに、スタッフの画像や、自分の画像があるのが良いです。 ひとが映っている記事ほど目に止まりやすく、そのまま読んでくれる確率は上がりますよ。

5・無理をしない

ヒロくんヒロくん

ニュースレターってなんだか楽しそう!よっしゃ、明日から月1でニュースレター作るぞ~!

ヒデヒデ

ヒロくん。ちょっと待って!気合入れるのは良いけど、ニュースレター続けるのって結構大変だよ。初めても直ぐに効果でないし。月1発行は、慣れてきてからでもいいから、とにかく続けることをまず目標にしようか。

そうなんです。最初はテンションマックスでやるんですが、月1発行は正直結構きついです。特に成果が出てくると、本当にお客様が増えていきますので、忙しくなっても続けることが出来るようにしていくことが何より大切です。

最初は2ヶ月に1回や、3ヶ月に1回でも構いませんので、まずはきちんと続けることを目標に頑張ってください。

ちなみに毎月発行と、2ヶ月に1回の発行での集客はそこまで大きく変化がないというのがわかっています。

3ヶ月に1度だと多少効果は薄れますが、毎月発行していたけど、半年で辞めるよりかは、よっぽどいいです。

ヒロくんヒロくん

なるほど確かに忙しくなったら大変そうですね・・・まずは2ヶ月に1回から取り組んでみます!

ニュースレター作成方法のまとめ

まとめ
まとめ

ニュースレターを作るうえで大切なことは1つ

お客様が楽しめるように書く。

まとめるとこの一言に尽きます。ニュースレターを送れるということは、お客様が住所をお店に伝えているということです。住所を教えてるということは、あなたのお店が気に入っているということですから、自分だったらお気に入りのお店から、どんな情報が届いたらうれしいか良く考えてみてください。

そして上記で書かれたポイントをしっかりと踏まえ、特に好きな常連様を想い浮かべて、その人に向けて書くようにしてみてください。 慣れないうちはこれをするだけで、各段に記事が良くなりますよ!

そしてあまりクオリティーで悩まず、まずは始める。背伸びせず、今できる範囲でニュースレターを始めてみてくださいね。

PS

もし今の店舗で悩んでいることがあれば、無料相談受け付けています。

  • 売上アップの事
  • 集客力強化の事
  • スタッフ教育の事
  • 戦略的な事

飲食店以外の方でも相談承りますので、興味があれば下のフォームからご連絡ください。公式ラインに直接ご質問頂いても大丈夫ですよ!