飲食店の集客120%UP!食べログのメリットと効果的な活用方法!
ヒロくんヒロくん

食べログは僕も食べ歩きの際に必ず利用しています。食べログへの評価は賛否両論ありますが、使い方次第かなと感じています

ヒデヒデ

近年はグルメサイトの利用が少し減ってきているらしいよ。そんな中グルメサイトの中でもお客様の利用がダントツで一番なのが食べログサービスの魅力なんだ。

食べログは「株式会社カカクコム」が運営していて、グルメサイトとしてはホットペッパーグルメやぐるなびよりも利用者数・掲載店舗数が多く国内最大級の規模を誇っています。

 利用実績としては月間プレビュー数が約4億回、月間利用者数は2019年3月時点で1億2千万人、掲載店舗数は2020年1月の段階で約90万件まで増えている超人気グルメサイトです。

 国内最大級の掲載店舗数と利用しているユーザーによる約3,630万件以上もの多様な口コミも大きな魅力ですが、利用するユーザーだけではなく飲食店オーナーにとってとても嬉しい販促サポートも用意しています!

月額制の有料プランに登録すれば担当者から直接サポートを受けられるだけではなく、検索結果において自分のお店を優先的にアピールしてもらえたり、後ほど詳しく説明しますが食べログ独自の販促支援サポートによる集客効果でかなりの売上アップが期待できるので、お店を経営するオーナーの方にぜひおすすめしたいグルメサイトです。

 今回の記事では、飲食店の強い味方である食べログの特徴や、グルメサイトとして集客効果を最大限に活用する方法をご紹介していきます!

 食べログってどんな会社?

食べログのご紹介をする前に、運営母体である「株式会社カカクコム」の会社概要と、関連している企業をご紹介していきます。

 まずはわかりやすく情報をまとめた表をご覧ください。

会社名株式会社カカクコム
本社所在地〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南3丁目5番7号デジタルゲートビル

代表者代表取締役社長 畑彰之介
設立1997年12月
上場取引所東京証券取引所市場第一部

(証券コード:2371)

資本金9億1600万円 (2020年6月時点)
従業員数連結1,160
(取締役、派遣社員、アルバイトを除く)
関連企業・株式会社カカクコム・インシュアランス
・フォートラベル株式会社
・株式会社エイガ・ドット・コム
・株式会社タイムデザイン
・株式会社webCG
・株式会社LCL
・株式会社ガイエ

 食べログを運営している「株式会社カカクコム」は、資本金9億円を誇る上場企業で、派遣社員やアルバイトを除いた社員数だけでも1000人を超える大手企業です。

 会社としての資金力はもちろんのこと、いくつかの会社から成るグループ企業なので、会社としての土台もしっかりしていて信用できる会社だといえます。

食べログが提供している外部連携サービスはこの2つ!

食べログはグルメサイトとしての利便性と集客力を高めるために、2つの外部サービスと連携しています。

スマホ技術の進化や位置情報アプリやマップ機能の進化に着目して連携したサービスは見事に成功して、今では利用しているユーザーにとってもお店を掲載している飲食店にとってもどちらもうれしいサービスを提供しています。

ここからは食べログが連携している2つのサービスと、連携したことで利用可能となったサービスの内容をご紹介していきます。

「食べログPay」と「ユビレジ」の連携

飲食店でキャッシュレス決済が主流になってきた風潮に合わせて、食べログも独自のキャッシュレス決済サービスを提供しています。

株式会社カカクコム(食べログ)と、ベラトリンス株式会社「VeriTrans mPOS(ベラトリンスエムポス)」が業務提携したことによって誕生したのが「食べログPay」というキャッシュレス決済サービスです。

食べログPayとは、みなさんが利用しているスマホにカードリーダーを挿しこむだけで、スマホをカード決済端末として利用できるようにするサービスですが、カードリーダーを挿しこむためのイヤホンジャックさえあればスマホだけではなくタブレット端末でも利用できる便利なサービスです。

 さらに食べログPayと株式会社ユビレジが提供しているPOSレジサービスの「ユビレジ」が連携したことで、飲食店は低コスト・省スペースでお店にキャッシュレス決済システムを導入することができるようになったのです。

食べログPayとユビレジが連携したことで得られるメリットと特徴は以下の5つです。

    • 月額利用料が無料
    • クレジットカード手数料が3.24%と業界最安水準
    • キャッシュレス決済した料金は翌営業日にお店側に振り込まれる
    • カード決済手数料以外に月額料金がかからないので飲食店の負担が少ない
    • スマホやタブレット端末に専用のアプリをダウンロードして、イヤホンジャックにカードリーダーを接続することで飲食店でもカード決済が可能になる

食べログPayとユビレジを連携すればこれだけのメリットがあります。お試しプランであれば月額の料金もかからず飲食店の負担が少ないうえに、手軽にキャッシュレス決済を導入できるのでとても便利です。

ユビレジは月額6,900円からのプレミアムプランに登録することで、電話、メールによるサポートやポイントの連携機能まで利用できるようになるのでより効率的に集客効果を高めることができます!

参考までに「3大POSレジアプリ」といわれている、AIRレジ、スマレジ、ユビレジの3社の比較を表にまとめるので、ぜひ参考にしてください。

 AIRレジスマレジユビレジ
導入にかかる費用無料無料無料
月額料金無料無料~12,000円無料~6,900円
対応OSiOSiOSiOSiPadのみ)
サポートメール

チャット

メール

電話(有料プラン)

メール

電話(有料プラン)

ユビレジはほかの2つと違って対応OSがiPadのみですが、しっかりと専任のコンサルタントが利用の案内をしてくれるので安心ですし、直接操作の講習を受けることもできるので人気です!

さらにユビレジを導入することでいろいろなサービスも利用できるようになるので、キャッシュレス決済の導入と業務に必要なシステムをまとめて欲しいというオーナーにとってとても便利な存在です。

Appleの「マップアプリ」と連携したことアプリ上でネット予約が完結できるようになった

食べログはApple社が提供しているマップアプリと連携したことで、マップアプリのみでネット予約を完結できるサービスを提供できるようになり、それによってネット予約数が飛躍的に上がりました。

 マップアプリで利用できるのは以下の機能です。

  •  ネット予約
  • 食べログの点数情報の閲覧
  • 予約可能な日時
  • リアルタイムでの空席情報
  • Dマップによる店舗の位置情報の確認

このサービスでなにより便利なのが、ネット予約をする時に氏名や連絡先などの個人情報を連絡する必要がないということです。

これはマップアプリがユーザーのアカウントと連携しているから可能なことですが、ほかのグルメサイトでは個人情報を入力しなければネット予約を行うことができないので、利用するユーザーにとってとても大きなメリットといえます。

 いつでもユーザーにとって一番のグルメサイトを目指している食べログだからこそ、これだけ実用性のあるサービスを提供しているのです!

食べログの特徴

食べログは国内最大級の利用者を誇っていて、ホットペッパーグルメと比較しても月間プレビュー数は約1億回も多く、月間利用者に関しては7,000万人もの差があります。人気サイトであるホットペッパーグルメと比較してもこれだけの差があるので、食べログがどれだけ人気なのか一目でわかりますね。

 この項目ではグルメサイトとしての食べログの特徴についてご紹介していきます。

      • 圧倒的な口コミ数でお店の評価がわかる
      • お客様自身が店舗情報を登録できる
      • 自分と好みの合うユーザーのおすすめからお店を選べる
      • マップアプリによって3Dで店舗と周囲の状況がわかる
      • 有料会員登録することでお客様にTポイントを付与できる
      • 有料プランに登録することである程度の販促支援を受けられる

 食べログは「失敗しないお店選び」をモットーにお客様第一でサービスを提供しているので、飲食店側に対する販促・集客支援にはそこまで力を入れていません。

ですが、力を入れていないとはいってもそれなりの支援とサポートを受けることはできるので、食べログの知名度や実績から考えても十分飲食店経営者の強い味方になってくれます。

 それでは次の項目でこれらの特徴とメリットをもっと掘り下げてご紹介していきます。

食べログはメリットがたくさん!

知名度抜群で実績のあるグルメサイトである食べログは、サービスの提供開始から15年以上経ちましたが、今もなお利用者数は衰えていません。

月間の利用者数や口コミ数などからも、食べログを上手に活用することができれば集客効果と売り上げアップはかならず実現できます。

 集客する方法を説明する前に、まずはどんなサービスがあるのかをご紹介していきます。

 圧倒的な利用者数と口コミの数

食べログの1番の強みはなんといってもこの2つです。前回の記事でも集客アップのためには口コミが重要だというお話をしましたが、食べログの場合はお客様自身の率直な感想が数多く掲載されているので総体的にお店の評価を知ることができます。

ホットペッパーグルメやぐるなびと比較しても、月間の利用者数は7000~8000万人ほども差がありますし、掲載店舗数もホットペッパーグルメとは15万店、ぐるなびとは75万店もの差があるので、食べログが集客や売上アップにどれだけ強い影響力を持っているかがわかると思います。

 お店の検索方法がユニーク

食べログはお店の検索機能を工夫していて、SNSと同じ「フォロー機能」によって好みのお店を見つけやすい工夫をしています。

自分と食の好みの合うユーザーを探してフォローすることで、その相手が口コミやお店の情報を更新すると自分のタイムラインに表示されるようになるというシステムが、このシステムは飲食店側にとっても大きな集客につながります。

自分のお店の味を気に入ってくれた人=リピーターが口コミやお店の情報を拡散する⇒新規の顧客につながる=新規のお客様もお店の味を気に入ってくれて情報を拡散

というふうに、このシステムは途切れることなく集客効果を維持できるのです。

マップアプリとの連携でさらに使いやすくなった!

みなさんは行きたいお店が見つかったけどお店がどこにあるのかよくわからなくて困ったという経験はありませんか?

今までのサービスは住所の表示と最寄駅からの距離だけだったので正直わかりづらい店舗もありましたが、食べログはそういったお客様の不満を解消するために、マップ機能との連携によって3Dマップでお店を検索できるサービスを提供しています。

さらにマップアプリから見つけたお店はそのままネット上で予約を完結できるので、お客様の負担はとても減るうえに飲食店側も予約の管理がスムーズになるので、予約のバッティングが発生してしまう可能性も低くなります。

ネット予約による予約のバッティングは悪評にもつながりますが、そういったリスクを避けることができるので、単純に飲食店の売上アップと安定した集客にもつながります。

有料会員登録すればTポイントを付与できるようになる

ホットペッパーグルメはpontaポイント、ぐるなびはぐるなびポイントを楽天スーパーポイントに交換できるサービスを提供していますが、食べログの場合はTポイントを利用できるサービスを提供しています。

ただどの店舗でもTポイントを利用できるというわけではありません。プレミアム10プランS、プレミアム5プランS、ベーシックプランS、ライトプランSのいずれかの有料プランに加入しているお店でなければ、お客様にTポイントを付与することができないのです。

有料プランに登録してTポイントを付与できるようになれば、ディナーは50×予約人数、ランチは10ポイント×予約人数、さらにはアプリからのネット予約で通常の2倍のTポイントが付与できるという素晴らしいシステムです。

他のグルメサイトも豪華なポイントサービスを提供している中で、利用者数№1の食べログでお店を掲載しているのにポイントサービスを利用しないのはとてももったいないです。

このポイントサービスはかなりの集客効果を期待できますし、なによりもお客様の初回のご来店へのハードルを低くすることができるので売り上げにも期待できます。

 販促支援を受ければ経営も安心!

食べログは飲食店への販促活動に力を入れていないといわれることがありますが、それは大きな間違いです。

登録できる有料プランは4種類あり、それぞれ利用できるサービスは違いますが、一番サービスの手厚い「プレミアム10プランS」に登録すれば以下の販促支援を受けることができます。

  • ゴールデンタイム強化
  • 食べログサポート担当者によるサポート

ゴールデンタイム強化

ゴールデンタイムとは、11時から22時までの間の食べログで最も予約が多い時間帯を指す言葉で、ゴールデンタイム強化とは、標準検索結果において自分のお店を最優先のグループに表示してもらえるサービスです。

これによって飲食店は効率的に集客効果を狙うことができます。 

食べログサポート担当者によるサポート

有料プランに登録することで食べログのサポート担当者から直接サポートを受けられるようになります。

 サポートしてもらえるのは、効果分析、トレンドレポートの送付、お問い合わせの専用デスク(電話窓口)、入力・設定の代行で、これらのサポートを受けるだけで集客効果と売り上げアップ狙えます。

 自分のお店のページのデザインが決められない人、有料プランに登録したけど使い方がよくわからない人、お店の掲載による効果やトレンドを知りたい人など。そういった悩みや不安があったとしても、担当者と電話しながらリアルタイムでの相談ができますし、入力や設定に関しては代行してやってくれるのでなんの心配もいりません。

 これらの販促支援によって、売り上げ120%アップ・コストは30%ダウンという実績が証明されているので、安心してサポートを受けることができます。

食べログにはこんなデメリットがある

国内最大級のグルメサイトであり、利用者数・掲載店舗ともに№1の食べログですが、自分のお店を掲載するうえでデメリットとなる部分もあります。

悪意のある口コミが掲載される

食べログの強い武器ともいえる口コミですが、これは大きなデメリットに変わるリスクもあります。

食べログはユーザー自身がお店の情報を掲載したり、口コミや評価をつけられるシステムを採用していますが、ユーザーの中には明確な悪意を持って口コミを書いている人も見かけます。

食べログを利用しているユーザーはそういった側面も理解している方が多いですが、あまりに悪意のある口コミを掲載されたことで、飲食店のオーナーが自信を失ってしまってお店の営業にまで影響を及ぼすこともあるようです。

しかし、グーグルのように消すことが難しいわけではありません。そういった口コミを自店

有料プランと従量料金が高い

食べログには有料のプランが4種類あり、一番グレードの高い「プレミアム10プランS」を利用すればいろんなサポートを受けることができますが、10万円という高額の料金が発生してしまいます。

さらにネット予約が入った場合には従量料金というものも発生するので、ディナー予約は1件200円、ランチ予約は1件100円の料金が加算されます。

ある程度お店が軌道に乗っていて資金に余裕のある店舗であれば心配はいりませんが、まだお店を開店したばかりのお店や、うまく売り上げが出せていないお店にとっては大きな負担となってしまいます。

しかし有料プランによってある程度の集客効果と売り上げアップが期待できるので、自分のお店にはどのプランが最適かということをよく考えて利用してください。

食べログは利用者や口コミ数が多いというメリットもありますが、こういったデメリットとなる側面もあるので、それをしっかりと把握したうえで利用してください!

食べログを活用して効果的に集客する方法!

食べログは知名度抜群なうえに長年の実績があるので、若年層からお年寄りまで幅広い年代のユーザーに支持されているので、きちんと仕組みを理解して活用することができれば、爆発的な集客効果と売り上げアップを狙うことができます!

今からご紹介するポイントをぜひ参考にしてください。

有料プランに登録する

食べログで本格的に集客をしたいのなら、まずは有料プランに登録することをおすすめします。有料プランは4種類ありますが、それぞれ利用できるサービスに違いがあるので表にまとめて比較します。

 プレミアム10プランSプレミアム5プランSベーシックプランSライトプランS無料会員
月額料金100,00050,00025,00010,0000円
お店のメイン写真の追加×
お店のこだわり情報×
近隣店舗バナー・広告の非表示×
標準検索表示優先度高←―――――――――――――――――――――――――低
ゴールデンタイム集客14枠7枠×××
バナー広告×××
ネット予約×

有料プランはグレードが高くなればなるほど集客効果が高くなります。たとえば標準検索の表示もプランのグレード順に優先されますし、無料会員プランはネット予約機能やTポイントの付与もできないのでかなり集客効果が下がります。

 さらにグレードが高い方が店舗紹介ページの露出度が上がるので、ユーザーがページから離脱するのを最大限引き留めることができます。

お店のこだわりをしっかりと紹介する

有料プランに登録すれば店舗ページで掲載できる情報が増えるので、より効率的に集客できるようになりますが、その中でも「お店のこだわり情報」は4つまで掲載できるのでしっかりと活用しましょう。

有料プランの場合は、お店を検索してヒットした時にまず大きな画像が画面上部に表示されます。そしてその下にお店のこだわり情報を写真とともに表示する欄があるのですが、この部分でどれだけお店の良い部分をアピールできるかが勝負の分かれ道になります。

お酒が飲みやすいお店、店内がオシャレなお店、料理にこだわっているお店、それぞれ自分のお店にこだわりを持っていると思いますが、そういった点を写真と文章で最大限にアピールしてください!

ネットの予約機能を活用する

グルメサイトを利用しているユーザーの多くは、手軽で便利なサービスを求めています。つまり、自分の行きたいお店を見つけてそのまま予約までできるという手軽さを求めて食べログを利用しているのです。

今やネット予約は主流となってきていて、現在ではホットペッパーグルメがネット予約数№1を誇っていますが、食べログのほうが利用者数が多いということは食べログのネット機能を活用することでホットペッパーグルメ以上の集客を見込める可能性もあります。

ゴールデンタイム集客を活用する

食べログにはゴールデンタイムでのお食事がしたいユーザーをターゲットに、その時間帯の集客をサポートするシステムがあります。

飲食店におけるゴールデンタイムとは

昼:11:00~14:00

夕方:17:00~19:00

夜:19:00~22:00

とされていて、「プレミアム10プランS」と「プレミアム5プランS」であればゴールデンタイム集客を受けることができます。

「プレミアム10プランS」は一週間に14枠、「プレミアム5プランS」は一週間に7枠の設定ができるので、ぜひ活用してください!

まとめ

今回は食べログの特徴やメリット、活用方法について解説しましたがいかがだったでしょうか?。

食べログでしか体験することのできない「ゴールデンタイム強化サポート」や「お店のこだわり紹介」といった独自の販促サポートを提供しているので、ほかのグルメサイトとはまた一味違う魅力を体験できます。

また販促サポートだけではなくTポイントの付与やマップアプリとの連携によって、利用するユーザーに対してより高い集客効果と利便性の高いサービスの提供を実現しているので、高い集客効果による売り上げアップにも期待できるうえにリピーター獲得のための心強い味方になってくれます。

そしてなによりお店の掲載の仕方や利用方法がわからず不安な気持ちを抱いているオーナーの方でも心配はいりません。食べログサポート担当者と電話窓口でリアルタイムの相談をすることができるので、安心して食べログを活用してください!