飲食店の売上アップでこれを間違えると売上上がりません。多くの人がやっているマチガイマーケティング

飲食店の売り上げアップが出来ない・・・・でもどこを改善したらいかわからない。そんな時に考えてほしいのが、いまからお伝えする内容です。

実は多くの飲食店でこの設定を完全に間違えているケースが多く、間違えていると繁盛することはありません。

ヒロくんヒロくん

ムムム!これはもしかして僕もやっちゃっていることかもしれないということですね

ヒデヒデ

おそらくやっちゃってるだろうね。こんなこと料理人してたら教えてくれないから。当然だけど僕もやってたもん


これをしないとあなたのお店も売り上げがなかなか上がらないでしょう。

今回は殆どの飲食店がやっている過ちと、それをどう改善していけば良いかをお伝えしていきます。

あなたのお客様の本当のニーズは何か?

いきなり質問ですが、あなたは花を買いに行くときなぜ花を買いに行きますか?

花が欲しいからでしょうか?
違いますよね。花を買いに行くときのほとんどの場合、花を買いにくというそのものをしたいのではないはずです。そこには

  • 喜ばせたい人がいるから
  • お祝いを送りたい
  • 場を華やかにしたい
  • 癒されたい

等、花を買うことによって得られるものを目的として花を買いに行きますよね。

もう一つ質問です。

美容室に髪を切りに行くのはなんの為に行きますか?
これも同じく、「髪を切りたいから」ではないですよね。

  • かっこよくなりたい
  • さっぱりしたい
  • もてたい
  • 可愛くなりたい

等、髪を切ることで得られることを目的としている人がほとんどです。
ではあなたのお店は何を目的としてお客様に選ばれていると思いますか?

それ完全に間違えてます

ここから多くの飲食店で売り上げアップが出来ない間違ったマーケティングについてお話ししていきます。

そこでまず上記の質問の答えを考えてください。
お腹を満たすためですか?美味しいものを食べたいからですか?
勿論それもあるかもしれませんが、実はそれだけではないのです。

ここを中心で考えた時、あなたのお店の「ターゲット設定」はどうなるでしょう?

一般的なターゲット設定は以下のようなものになっているはずです。

  • 30代~40代
  • 夫婦
  • 4人家族
  • 女性

こんな感じでターゲットを決めていませんか?
実はこれが多くの飲食店がしてしまっている最大のマチガイなんです。

それ意味ありますか?

なぜか?最初に質問したことを良く思い出してください。

お客様が商品を買ったりお店を利用したするのは、そのもの自体以外に目的があるということをお伝えしましたね。

要するに本当にターゲットにしなくてはいけないのは、この目的を果たしたい人ですよね。そこに年齢や、性別、なんて関係あるでしょうか?

例えばアイフォンのターゲットって誰ですか?年齢、性別関係ないですよね。

もしアイフォンが20代の女性でおしゃれな人。

と決めてそこに対してマーケティングをがっつり行っていったら今のような企業に成長できたでしょうか?確実に他のスマフォに引けを取っていたでしょう。

実は一般的に言われているターゲティングは自分の首を自分で絞めているだけのなんの意味もない施策だったんです。

ヒロくんヒロくん

おお~!これは超ショックです!まさに僕もこんな感じのターゲット設定をしていました。っていうよりほとんどの飲食店がお何時ようなことしているんじゃないですか?

ヒデヒデ

だからだよ!ここで一歩抜け出そう!

飲食店で売上をアップするための正しいマーケティングとは?

じゃあどうやってターゲットを決めればいいの?

そんなことを思いますよね。すでに最初に答えを言っているので、別の例でおつたえしていきましょう。

例えばあなたのお店がハンバーグを売っていたとします。そのハンバーグの特徴をすべて書き出してみてください。ここではお客様からの実際の意見も盛り込まれたものがあるとなおいいです。

それを元に、あなたのハンバーグを食べることによって解決できる問題をすべてかきだしてみましょう。

ここに正しいターゲット設定のヒントが隠されています。
例えば、

  • あなたのハンバーグの提供時間が早ければ、「時間が無いという問題解決」
  • 美味しさや、素材が売りなら、「美味しいものが食べたいという問題解決」
  • 友達とゆっくりと時間を過ごしながらハンバーグを食べれるのであれば、「時間を過ごせる場所が無いということの問題解決」

このように考えると、年齢、性別、所得などの壁は全く関係ないことがわかります。
もっと言うこと、必ずしも味が勝負ではないことも見えてきますね。

カフェでコーヒーの味をいくら良くしてもお客様が増えないのは、あなたの珈琲の味に問題があるのではないのです。売ろうとしているターゲットが完全に間違っているからかもしれません。

この問題解決をあなたのお店でどのように出来るか?お客様のニーズにこれがマッチしていれば、売り上げに困ることのないターゲット設定が出来るのです。

飲食店のマチガイマーケティングのまとめ

ヒロくんヒロくん

ガツンと来ました!いままでターゲット設定が完全にずれていたことに気が付きましたよ。早速直せるところから手を付けていかなくっちゃ!


如何だったでしょうか?

こんなことは、きちんとマーケティングを勉強しなくては気が付ないことですよね。ターゲット設定で売上アップできずに損している飲食店はかなりあるのが現状です。

復習になりますが、ターゲットは年齢、年収、性別全く関係ありません。

このことをしっかりと頭に置いて、ターゲット設定を見直してみてください。必ずちがった強み、客層が見えてくるはずですよ。